薬も良いですが、使い方を間違えると悪化する

腰が痛い・膝が痛い、痛みに我慢できない場合、「痛み止め」を使ってその時をしのぐことありませんか?
 
痛いってやっぱりツラいもので、強い痛みというのは、我慢しようと思っても我慢できず、今すぐこの痛みから解放されたいと思うものです。
 
だからそういう時に痛み止めや鎮痛薬を使うのも理解できます。強い痛みがあると動けません。仕事も家事も出来ません。普通の生活が出来ません。
 
痛みを抑えて動くのも、時には重要です。
 
しかし気を付けていただきたいことは、痛み止めや鎮痛薬の使い過ぎに気を付けて欲しいということです。
 
薬は痛みの根本改善ではありません。その場しのぎの手段です。
 
それを使い続けていると、症状が悪化していくことが多いからです。
 

痛み止め・鎮痛薬に出来ること

まずは痛み止め・鎮痛薬で出来ることについて知っておいてください。
 
・痛みを一時的に感じさせなくする
・炎症を抑える
 
この2つを行なってくれるのが、痛み止め・鎮痛薬です。
 
痛みを一時的に抑えてくれますが、効果が切れると痛みがぶり返します。
 
また痛みの元が炎症ではないなら、炎症抑える効果を持っていても意味がありません。
 

痛みがないと身体が無理するので、症状が悪化する

原因さて痛み止め・鎮痛薬を使っていると、あなたの症状が悪化してしまうということについてです。
 
炎症でない痛みやシビレであるなら、あなたの痛みやシビレというのは骨盤のゆがみや筋肉の緊張など「身体のゆがみ」のせいで行っています。
 
痛みが出ているというのは、「今の身体が悪い状態だから、これ以上酷使しないでね」とシグナルを出しているわけです。
 
痛いと身体動かせませんよね?それは身体を動かしてはいけないって、ことなんです。動かすともっとひどいことになるよってこことです。
 
しかし痛み止めで痛みを感じない状態だと、身体を動かせてしまいます。
 
痛みの原因をかばいつつ身体を動かすので、骨盤はよりゆがみ、筋肉はより緊張していきます。
 
そして薬が切れた時に、痛みがひどくなってしまっているのです。
 
これが「使い方を間違えると悪化する」理由です。
 

痛み止めを使う時は根本原因も解消しましょう

施術痛み止めや鎮痛薬を使ってはいけないなんて、言うつもりはありません。
 
私は長年腰痛で悩みました。だからあなたの「痛みを一時的でも消したい」という気持ちはわかります。
 
ただ痛み止めや鎮痛薬では一時しのぎにしかならないので、同時に「根本原因」を解消してください。
 
しっかりと骨盤を整えてください。自分の身体を適切に使えるようにしてください。筋肉の緊張も取っていきましょう。
 
痛み止めを使っている時に身体を整えていけば、薬が切れても痛くない身体に戻っていくはずです。
 
河内国分整体院なら、それが出来ます。
 
痛みシビレで困ったら、いつでもご相談くださいね。
 


当院へのアクセス

 
院名河内国分整体院
住所大阪府柏原市片山町1-30さくらハウス
営業時間8:30~20:30 月・火・木・金
7:00~13:00 水・日・祝日
7:00~17:00 土
予約完全予約制とさせていただいております。
電話072-977-6654
地図
近鉄大阪線「河内国分駅西口」より徒歩4分
JR大和路線「高井田駅」より徒歩12分
近鉄南大阪線「土師ノ里駅」より車で8分