慢性疲労対策

柏原市のみなさま、こんにちは。

腰痛・慢性症状専門 河内国分整体院の岡田圭介です。

 

先月、大阪市立大学の市民医学講座「現代人と慢性疲労」を受講してきました。

最近の研究結果を通して、脳科学の観点から現代人の慢性疲労について解説していただきました。

 

20年前と今では疲労を感じている人の割合は6割程度とあまり変わりませんが、現代では疲労を感じている人の半数以上が半年以上続く「慢性疲労」を訴えているそうです。

これは20年前の約1.5倍に増えていて、一部の人は仕事を休職、退職するような状況に追い込まれるなど、大きな社会問題になってきているそうです。

当院の利用者さまでも「いつもしんどい、疲れがとれにくい」といった訴えをされる方は多くなっています。

 

人は肉体的、精神的活動をおこなうと疲労を感じます。

すると脳が反応し「休みなさい」という警告を出して、心身の機能低下をさせます。

これが身体が壊れないための防衛システムです。

 

でも、実際の生活では、多少疲れても頑張ってしまいませんか?

このブログをお読みのあなたも家事や育児、仕事やスポーツなどをしていて、思い当たることがあるのではないでしょうか。

これは、ブレーキを踏みながらアクセルを全開にして進むの車のようなものです。

このような状態を繰り返すことで、脳に炎症が起こりダメージが残ってしまうそうです。

その結果、少しのことで脳が過剰反応して身体に警告をだしてしまう「慢性疲労になる脳神経のメカニズム(仮説)」ができてしまうということでした。

 

治療法はまだ確立されていませんが、対策を教えていただきました。

 

1、活動、休息、睡眠をバランスよくとって、規則正しい生活を送る

2、ポジティブシンキング

3、自分の疲労と向き合う

 

「当たり前の事」と思われた人もおられると思いますが、実際にできている人は少ないのではないでしょうか?

もし、日頃からこれらのことを実践できていれば、かなりの改善や予防ができると思います。

 

当院の整体の考え方は、今回教えていただいた対策とよく似ています。

 

当院の施術を受けていただいてる方には、「座る、立つ、歩く、寝る」などの日常生活の動作や姿勢を指導をして実践してもらっています。

当院は、繰り返し続く腰痛などの慢性症状でお悩みの方が多く来院されます。

長年続く慢性症状の根本的原因は日常生活の姿勢や動作にあることが多いので、日常生活から変わっていくことが大切になってきます。

 

「これまで色々とやってきたけど、良くならない、再発する」

そんな状態が長年続いてしまっている方の中には、どこかで諦めてしまっている方も多いです。

当院では初回、実際に施術をおこなう前に問診、検査の結果を踏まえて、今後おこなっていく施術の内容や考え方を説明します。

「原因である身体が変われば、結果として症状は変わる。あとはその状態を維持する努力を継続すれば再発しない」

このことを説明して、「自分で治す」という前向きな気持ちで施術を受けていただくようにお伝えしています。

 

また、長年続く痛みや痺れなどに悩まされている方は、どうしても症状に意識が集中してしまいます。

症状も含めた、ご自身の身体全体を客観視することが出来難くなっています。

症状に意識が集中しすぎることで、痛みや痺れを増幅させたり、身体の変化(改善)に気付かず見落としてしまっていることもあります。

自分の身体の状態が分からないまま根本的な改善はできませんので、施術をとおして、ご自分の身体の動きや姿勢に意識を向ける習慣が身に付けていただいてます。

最初は自分の身体の状態を知るのは難しいかもしれませんが、症状を追わずに全身を観察することを継続していけば、少しずつ自分の身体のことが分かってくるはずです。

自分の身体と向き合って根本の原因から改善していく方法で、長年の症状から解放されたいとお考えの方は当院の整体を一度お試しください。


当院へのアクセス

 
院名河内国分整体院
住所大阪府柏原市片山町1-30さくらハウス
営業時間8:30~20:30 月・火・木・金
7:00~13:00 水・日・祝日
7:00~17:00 土
予約完全予約制とさせていただいております。
電話072-977-6654
地図
近鉄大阪線「河内国分駅西口」より徒歩4分
JR大和路線「高井田駅」より徒歩12分
近鉄南大阪線「土師ノ里駅」より車で8分