鵞足炎 左膝内側の荷重痛・屈伸痛でお困りの50代男性|柏原市

柏原市のみなさま、こんにちは。

腰痛・慢性症状専門、河内国分整体院の岡田圭介です。

 

左膝内側の痛みでお困りの50代前半の男性。

前日のお昼に職場で椅子から立ち上がった際に、左膝の痛みに気付かれたそうです。

そこから段々と痛みが強くなってきて、左脚に体重をかけたり、膝の曲げ伸ばしの動作で強い痛みがあるということでした。

来院時には、かなり左膝をかばった歩き方、立ち方になっておられて、交互に脚を出して階段の上り下りが出来ない状態でした。

 

 

予約のお電話をいただいた時に左膝の内側が痛いとお聞きしていましたが、実際に問診・検査して調べていくと膝関節の少し下の「鵞足」という部分が痛いことが分かりました。

鵞足には太ももの前面、内側、裏側からそれぞれの筋肉が集まって付着しています。

腫れはあまりなかったのですが、熱感や圧痛が認められ、炎症を起こしていました。

スポーツをされている人によくある症状なのですが、特に無理をされていない人でも歩き方や身体の歪みが原因で起こったりします。

今回の男性はお仕事はデスクワークで、日常生活で熱心に運動をされていることもありませんでした。

 

さらに検査していくと、上半身は右側に傾いて捻じれ、下半身は左側に捻じれていることが分かりました。

特に左脚は極端に外側を向いていました。

立つと左脚が外を向き、左膝が外側に反る様になっているので、見た目からも膝の内側に負担がかかっているのが分かりました。

膝の屈伸動作で痛みを伴うため、左脚の片あぐら動作(ベッドに座った状態で片脚だけ持ち上げて、あぐらの様に膝を曲げて脚を開く)ができませんでした。

 

膝関節の運動痛や患部の圧痛が強かったので、できるだけ膝を動かしたり、患部を触らないように施術をおこないました。

股関節、骨盤、上半身の動きから身体の歪みを整えていく施術をおこない、そのあとは鵞足につながっている太ももの筋肉を緩める施術をおこないました。

施術後の確認では、できなかった左の片あぐら動作ができるようになられていました。

 

当院では、片あぐらやそこから上半身をあぐらをしている側に捻じってベッドに両手をつく動作を、検査や施術でよくおこないます。

DSC_2259

この動作が改善すると、本来の姿勢や動きを取り戻していき、症状の改善につながっていきます。

当院では初回は、この動作の改善を目的にして施術をおこなっています。

 

今回の男性は膝の屈伸動作で痛みがなくなり、片あぐら動作ができるようになりました。

立っても左脚に少し体重をかけれるようになったことで、極端な傾きや捻じれがなくなり自然な姿勢に戻ってきました。

本来の姿勢や動きを取り戻していくと、日常生活で患部にかかっている負担を減らすことができるので、結果的に症状の改善につながっていきます。

炎症は残っているので、自宅でできるアイシングの方法をお伝えして、身体の整え方、姿勢の取り方などを指導させてもらいました。

無理して歩くことがある場合に使ってもらうサポーターをお貸しして、3日後に次回施術の予約を取ってもらい施術を終了しました。

 

2回目の来院時には、僅かに違和感が残る程度で問題なく歩けるようになられていて、ご本人様に喜んでいただくことができました。

初診時は痛みが強く、運動制限もありましたが、痛みの出た翌日にすぐ来院していただいたことが、早期の改善につながったと思います。

また、原因が極端なオーバーワークではなく、身体の歪みからくる膝への負担によるところが大きかったので、歪みを整えて負担を減らすことができたことも良かったのだと思います。


当院へのアクセス

 
院名河内国分整体院
住所大阪府柏原市片山町1-30さくらハウス
営業時間8:30~20:30 月・火・木・金
7:00~13:00 水・日・祝日
7:00~17:00 土
予約完全予約制とさせていただいております。
電話072-977-6654
地図
近鉄大阪線「河内国分駅西口」より徒歩4分
JR大和路線「高井田駅」より徒歩12分
近鉄南大阪線「土師ノ里駅」より車で8分